Momo Natural STAFF BLOG

梅田

天然木に合わせたい陶器の取手

2020年7月 1日
0623mm2

きっかけは、あるお店で見かけた小さな陶器の取手付きのカット&サービスボード。

焼き物で有名な産地・愛知県瀬戸市で作られているセラミック取手。
ガラス質の釉薬(ゆうやく)の光沢が、天然木との素材の違いを引き立ててくれます。
わずかに黄色味を持つ乳白色と、丸みを帯びたフォルムは、木材と調和し家具を優しい印象に。

陶器は成形時に含まれている水分が蒸発し、縮みや歪みが発生することから、一般的に小さく丸い形や、ぼってりとしたフォルムの取手がほとんど。
線が細く大きなサイズの家具用の取手は、幾度も試作を重ねて完成しました。

大きさ、手触り、使いやすさを考え木型でサンプルを作り、取手の金具まですべてがオリジナル。
生活の主役は家具ではなく、家具と暮らすその人自身であるからこそ、選べる取手で少しだけ"私らしさを"加えて。

20200624_u_04.jpg20200624_u_02.jpg20200624_u_03.jpg 
セラミック取手 "¥500+tax


from MOMO
CATEGORIES | 家具

プレス | 家具

リビングに馴染むキッズスペース
2020.06.24

リビングに馴染むキッズスペース

お子さまが小さい間。目の届く範囲の中で遊びや学習をさせたくて選ぶキッズインテリ...

吉祥寺店 | 家具

これからの季節のグリーン
2020.06.06

これからの季節のグリーン

リビングのL字の大きな窓。光のたっぷり入る特等席でグリーンを沢山育てています。...

自由が丘店 | 家具

1台で作れるくつろぎ空間
2020.05.29

1台で作れるくつろぎ空間

椅子と同じサイズ感のモールドラウンドチェア。 体に寄り添う形状と、回転する脚に...

最新記事

Archives

facebook twitter recruit
↑Page Top