Momo Natural STAFF BLOG

梅田

愉しみのひとつ、メンテナンス

2018年2月 9日
20180208①.jpg

木本来の風合いを日々の暮らしの中で愉しめる天然木のダイニングテーブルはモモ ナチュラルでも人気のアイテム。
"共に時間を過ごした分、木肌の色や質感、触り心地も味わい深くなり、使い手の暮らしに溶け込んでいく。"
-長く使うことができるからこその魅力がつまっています。

でも...『魅力的だけど汚れたら落ちにくそうだし。』お店ではそんなお客様の声を耳にすることも少なくありません。
実は、天然木の家具はメンテナンスがしやすく、またお手入れをすることでより味わいが増すといわれています。
そこで今回のブログでは、普段使いのダイニングテーブルを例にメンテナンスの愉しみ方をご紹介したいと思います。

『暮らしの中でうまれる汚れ』
うっかりこぼしてしまうコーヒーやジュース。ついつい垂らしてしまいがちなおしょうゆ、目を離したすきに子どもがクレヨンでいたずら書き。そして、暑い季節によくみられるコップの水滴。どれも天然木の家具を日々使う中でありがちな汚れのパターンです。

コーヒー、おしょうゆ、ぶどうジュース、クレヨン、コップの水滴(左から)をそれぞれ5分、1時間、5時間放置して拭き取るとどれくらいの染みになってしまうのか、実験してみました。

20180208③.jpg20180208④.jpg

コーヒーやおしょうゆ、コップの水滴は1時間そのままにしておいてしまっても、意外と染みにはなっていませんでした。しかし、5時間となると木の繊維に染み込んで、そのまま使うにはちょっとためらうほどの汚れになってしまっています。

また、ぶどうジュースや赤ワイン、子ども用のクレヨンは、わずか5分でもしっかりと汚れになってしまっています。たしかに人が集まることが多い生活スタイルの方や子育て中のご家庭では、少し躊躇される理由もわかります。

『思ったよりも簡単にできるお手入れで、汚れを落とす』
日常生活でついてしまう汚れ。でも、こうした汚れは、思ったよりも手間にならずに落とすことができるのが天然木家具のメリットでもあります。今度は、実験でついた汚れを実際に落としてみました。

20180208➁.jpg
●用意するもの
-A.木工用のオイル ※ホームセンターなどで販売しています。いろいろなオイルの種類があり色やタイプによって仕上がりが変わるため、購入店舗へのお問い合わせをお勧めいたします。
-B.ウェス ※清掃用の布切れのこと。使わなくなったTシャツなどでも代用できます。
-C.あて木 ※固めのものであれば代用できます。
-D&E.やすり(右#150、左#220)※粗いタイプ、細かいタイプをそれぞれご用意ください。
※メンテナンスキットはモモナチュラル各店でも販売しております。お近くのスタッフまでお問い合わせ下さい。¥1,300+tax

まずは、乾いた布巾で天板をきれいにふきます。
次に粗い目のやすり(#150)を木目にそって表面を削っていきます。
何回かこすっただけで汚れが少しうすくなってきました。
汚れが取れ始めたら、やすりにあて木をして平らに仕上げていきます。
20180208⑤.jpg20180208⑥.jpg

やすりをかけるときは全体的に均一になるように削っていきましょう。
汚れの部分は強めに、周りはならす程度に削ってあげると仕上げの際にムラになりにくくなります。
10分ほどつづけるとしみついた汚れはほとんどわからない状態に。
次は、細かい目のやすりに変えて作業を続けます。
20180208➆.jpg20180208⑧.jpg

今度はウェスにオイルを染み込ませ、表面に均一になるように塗っていきます。
天板全体を見ながら、むらにならないように塗っていきましょう。
20180208➈.jpg20180208➉.jpg

全体的に均一にオイルを濡れたら作業は完了。そのまま風通しを良くして乾燥させてください。
20180208⑪.jpg

汚れた部分も目立たなくなり、きれいになりました。
一見大変そうなメンテナンスですが、スムーズに汚れを落とすことができました。
天板がきれいになる嬉しさと自分らしい仕上がりを生むメンテナンスの作業は始めてみるとはまってしまう方も実は多くいるんです。

こうしてお手入れを繰り返すうちに、木はより味わいを増し、使い手とその家具にしか出せない自分だけの家具に育て上げることができます。
自分でお手入れをするからこそ出せる、自分だけの味わい。
暮らす時間を重ねるなかで、ひと手間を加えることでより味わい深く、愛着のある家具に。
気がつけば、暮らす人と家具とのストーリーがたくさん刻まれた一品になっていることと思います。

天然木の家具だからこその愉しみ方。
店頭でもメンテナンス実演を行っております。
ぜひ実際に体感されてみてくださいね。

注意事項
※オイルを染み込ませたウェスをそのまま処分すると発火の原因となります。使用後は必ず水を染み込ませてから処分してください。
※商品によってはメンテナンスできないものもございます。初めてのお手入れの際は購入店舗スタッフまでご相談ください。

From Mouri, Inoue
CATEGORIES | 家具

吉祥寺店 | 家具

COMO SHELF
2018.01.25

COMO SHELF

柔らかい肌触りと優しい木目が特徴のアルダー材を使用した COMO SHELF。...

名古屋店 | 家具

食器棚と一緒に
2018.01.21

食器棚と一緒に

キッチンの家具選びでついつい忘れがちな「ゴミ箱」の存在。 家具を選ぶ際に、家電や食器、食料品のストックや日用品など、 「収納」に意識が向き、後からゴミ箱を置くスペースがない!なんてことも。

西宮店 | 家具

長く寄り添える家具
2018.01.18

長く寄り添える家具

まだまだ寒い日々が続いていますが、 暦では春が近づいてきています。 入園・入学・...

最新記事

Archives

facebook twitter recruit
↑Page Top