Momo Natural STAFF BLOG

梅田

一人暮らしにダイニングテーブルをお勧めする理由

2018年4月 5日

4月になり、新年度が始まりました。
今までとは違った場所や環境で、新しい生活が始まった方も多くいらっしゃることと思います。

モモナチュラルにも入学や就職を機に一人暮らしを始められる、ということで家具を探しにたくさんのお客様がご来店されます。
ワンルームの間取りだと、まずはベッド+ローテーブル+αのアイテムでお選びいただくパターンが多いですが、
実は、ダイニングテーブルも一人暮らしのアイテムとしてご検討いただきたいアイテムの一つです。

いよいよダイニングブログ最終回となる今回のブログでは、実際にワンルームでダイニングテーブルを使っているスタッフの実例を踏まえて、一人暮らしにダイニングテーブルをお勧めする理由についてお伝えします。
umeda_04.jpg
umeda_10.jpg

ポイント1/生活にメリハリがつけられる
ローテーブルの暮らしからダイニングテーブルにかえて約1年半。実際にかえてみての感想をスタッフに聞いてみると、『一番よかったのは生活にメリハリがつけられたところ』と話してくれました。
ローテーブルの時は、食事後そのままゴロンとしてしまったり、作業をしているとついつい姿勢が悪くなりがちだった一方、
ダイニングテーブルに変えたことで、"お部屋の中での過ごし方"がかわり、食事や作業のときはダイニングで、リラックスタイムの時はベッドや床で、と何をするかによってメリハリがつけられるのはダイニングにかえたポイントの一つです。

ポイント2/部屋が散らからない
床座メインの生活だと、どうしてもモノをさっと置くのが床の上になりがちに。
ダイニングがあることで、基本的にモノを置くのは椅子の上やテーブルの上になり、床の上にモノがバラバラと散らかることは気が付けばすっかりなくなっています。

この点は、スタッフも実際にかえてみて初めて気が付いたポイントだったとか。日々のお掃除もしやすくなるのは嬉しいですね。

ポイント3/+αのスペースを使いやすい
一般的なサイズとしてダイニングテーブルはローテーブルよりも大きいことが多く、+αのスペースが取れるのもポイントです。
パソコンをしたり、本を読んだり、お友達とランチをしたり...ローテーブルだと手狭になりがちなスペースもダイニングテーブルなら十分スペースをとってゆったりと使うことができます。
実際に部屋が狭く感じるかも、と少し心配をしていたスタッフも部屋に置いてみたら気にならなかったようです。
お部屋のどこにテーブルを置くかに合わせて、サイズや形を選ぶことでお部屋の中の圧迫感は解消されます。
umeda_02.jpg umeda_11.jpg


例えば天板の形...
天板の形は主に、四角いタイプと丸いタイプがあります。
お部屋の壁に隣接させたい場合は、四角いタイプがおすすめ。
壁づけにすることによって無駄な空間が生まれないだけでなく、ちょっとしたカフェのようなスペースがつくれます。

お部屋の中に置きたい場合は、丸いタイプがおすすめ。
角がない分、導線的に邪魔にならず、すっきりして見えのがポイントです。また、丸いフォルムはお部屋にやさしい印象を与えてくれます。

umeda_07.jpgumeda_08.jpg

ダイニングテーブルの生活にして、部屋での暮らしの充実度が変わったというスタッフ秋田。

これから一人暮らしを始められる方も、新しく始められた方も、
憧れの一人暮らしをともにする家具のひとつに、ダイニングテーブルを検討されてみてはいかがでしょうか?

モモ ナチュラルスタッフの中にも一人暮らしをしているスタッフがたくさんいます。
ぜひお気軽にご相談ください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

From mouri inoue
CATEGORIES | 家具

自由が丘店 | 家具

シーンに合わせた収納家具
2018.04.12

シーンに合わせた収納家具

桜もすっかり若葉に覆われ、ぽかぽかと暖かい日が続いていますね。 4月から新生活が...

西宮店 | 家具

自分に合ったオークダイニングの選び方
2018.03.29

自分に合ったオークダイニングの選び方

初めてオーク材の家具シリーズ"VENT"がモモ ナチュラルに登場したのは2010...

名古屋店 | 家具

2018.03.22

"ソファダイニング"という新しいカタチ

ソファもダイニングも置きたいけれど、お部屋の広さから考えると難しいかも...と諦...

最新記事

Archives

facebook twitter recruit
↑Page Top