Momo Natural STAFF BLOG

TOKYO-BAY

快適に過ごすために

2017年12月12日

12月になり、だんだんと寒さが厳しくなってきましたね。
年末になると大掃除とともに
インテリアの見直しをされる方も
沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

お部屋の雰囲気を
手軽にガラリと変えられるアイテムといえば、カーテン!
折角だったらお気に入りの素材のカーテンを
寒さが厳しいこの時期にも、暖かい季節になってからも
長く、大事に使えたらいいですよね。
今回は、そんな希望も叶えつつ、
カーテンの機能を一段とアップさせてくれるアイテムをご紹介します。

皆さん、「遮光ライナー」って聞いたことがありますか?
光沢のある"遮光カーテン"などは見たことがあるかと思います。
一般的に"遮光カーテン"は、
化学繊維の厚手のものが主流でお部屋に重厚感が出てしまいます。
「遮光ライナー」は、遮光機能が付いていない
天然素材のカーテンや、今使っているカーテンの
フック部分に引っ掛けるだけで
手軽に遮光・断熱・保温の機能を高めてくれるアイテムです。
窓が比較的大きいリビングや、寝室に特に人気があります。

リネンのカーテンに遮光ライナーを付けると・・・?
20171212_to_8.JPG20171212_to_06.jpg
リネンならではの軽やかさは残しつつ、
しっかりと光や冷気を遮ってくれます。

【遮光】
外からの目線や日差しが気になる方、
朝日を気にせずにぐっすり眠りたい方は、
遮光ライナーを活用すれば目線も日差しも遮ってくれます。
お肌の日焼けはもちろん、家具やカーテンの変色を防ぐ機能も。

【断熱・保温】
寒暖差の激しい冬や夏は
遮光ライナーを付けることで外気の侵入を防ぎ、
保温効果もあるので、快適に過ごすことができます。
エアコンの効きを良くすることが出来るので、省エネ効果も。
取り外しが可能なので、春や秋はライナーを外してドレープの生地の透け感を楽しんでもいいですね!

【遮光ライナーの取り付け方】
20171212_to_01.JPG20171212_to_02.JPG20171212_to_03.JPG20171212_to_04.JPG
①カーテンについているフックを外し、ライナーのテープに上から通します。
②フックを下まで通してから半回転させ、そのまま上に向けます。
③フックがささっていた位置に戻します。
④これで取り付け完了。

このように簡単に取り付けが出来るので、
カーテンを模様替えしても
裏地を新しいカーテンに付け替えて長く使うことができます。

※もたつきを抑える為に、遮光裏地を縫い付けるタイプや、
元々遮光機能が付いた遮光カーテンもございます。

MOMOnaturalには、
約400種類ほどのドレープカーテンがありますが
ほとんどのカーテンに遮光ライナーを付けることが出来ます。
機能を妥協せず、お気に入りのカーテンを選んでみてください。




from MOMO

CATEGORIES | カーテン

プレス | カーテン

オリジナルカーテン
2018.10.15

オリジナルカーテン"Söpö perus"でつくる、柄物カーテンの視覚効果

カーテンはお引越しや秋冬の模様替えの必須アイテム。 モモ ナチュラルでは様々な柄や素材の、700種類以上のカーテンを取り扱っています。

吉祥寺店 | カーテン

tuulen tuulella
2018.08.10

tuulen tuulella

MOMOnaturalでは7月から 新しいオリジナルカーテンが仲間入りしました。...

梅田店 | カーテン

Order Curtain Fair ~アルダー部屋コーディネート~
2018.01.03

Order Curtain Fair ~アルダー部屋コーディネート~

お正月の休みも終わり、仕事はじめの方も多いのではないでしょうか。 皆さまゆっくり...

最新記事

Archives

facebook twitter recruit
↑Page Top