Momo Natural STAFF BLOG

プレス

モモ ナチュラルスタッフに聞いた、ソファのある暮らし

2018年12月 6日
テレビを見たり、コーヒーを飲んだり、うとうととお昼寝をしたり...。
暮らす人、それぞれのくつろぎ方でリラックスする空間、ソファスペース。

モモ ナチュラルのオーダーメイドソファは、デザイン、サイズ、座り心地も様々。
今回は、ファミリー/二人暮らし/一人暮らしと暮らし方の異なるモモ ナチュラルスタッフに、ソファのある暮らしについて話を聞いてみました。

ファミリーとソファ -Iwahashi's Room-
20181206_pr_07.jpg
20181206_pr_12.jpg
※CALEIDOは、姉妹店LEAD ME HOME限定生地です。

惹かれたのは"見た目のシンプルさ"と"座った時のふんわり感"
スタッフ岩橋が自宅で使っているのは、PHONO LUXE とOTTOMAN。"THEスタンダード"といえるシンプルな見た目と座った時にふわっと包み込まれるような羽毛の柔らかな座り心地がこのソファを選んだ決め手でした。
『背面と座面のクッションに羽毛が入っているので、座った瞬間にふんわりとリラックスすることができます。背面のクッションをアームに置いて、枕がわりに横になって寛ぐがとても気持ちいいです。』(岩橋)。
ソファカバーを変えると印象もパッと変わるのが、シンプルデザインの良いところ。先日もブラウン系からグリーンの生地に変えて、カバーリングソファを愉しんでいるようです。

家族でギュッとする時間。ひとりでほっとする時間。
ソファを購入した時は旦那さんと二人暮らしだった岩橋ですが、現在は娘さんが生まれ三人(と猫一匹)暮らしに。
『甘えたい真っ盛りなので、ソファに座っていると娘がギュッとくっついて甘えてきます(笑)』(岩橋)3人掛けサイズだと家族全員で座ってもゆとりがあり、そんな家族のギュッとタイムも余裕をもって楽しめます。

また、ホッとしたいときに自分のスペースを確保することができたり、娘さんがそこに座ったり、ソファと一緒に脚を伸ばして座ったりと、オットマンも活躍中。オットマンがあることで、寛ぎの幅を広げてリラックスすることができるのも魅力のひとつです。

子どもが生まれて便利さを体感したカバーリングの安心感
食べ物をこぼしたり、飲み物をこぼしたり、落書きをしたり...子どもとの生活は常に汚れがつきもの。だからといって、常に目を光らせたり、注意するのも...考えてしまいますよね。そこで、岩橋が体感したのはカバーを変えられるカバーリングソファのメリット。
『汚れてもカバーを変えればまるで新しいソファに様変わりができる安心感は、長く生活を共にするソファではやっぱり大切。』(岩橋)
小さな子どもにとってもソファは大好きな居場所。家族みんなが安心してリラックスできる場所だから、こうした使い勝手も選ぶポイントの一つになります。

20181206_pr_08.jpg20181206_pr_09.jpg


二人暮らしとソファ -Funakoshi's Room-
20181206_pr_04.jpg
20181206_pr_11.jpg

違いを愉しんで
スタッフ船越が使っているのは、一人暮らしの時に購入したCLOUD SOFA。2Pサイズでも肘掛がないので圧迫感がなく、コンパクトながらゆったりくつろげるところが決め手だったそうです。
その後、パートナーと一緒に住むことになり、お互い愛着のあるソファを手放すことができず、両方使うことに。
海外インテリアでもよく見られるように、種類の違うソファをおいて、気分に合わせて好きなソファを選び、くつろぐ。
『最初は、異なるソファを置くことに迷いがありましたが、今はこの選べるスタイルがとっても気に入っています。』(船越)

気分に合わせて寛ぎ方を選ぶ
羽毛の入った柔らかい座り心地のCLOUD、奥行きが深くハイバックのTODD LUXE。
ソファによって寛ぎ方を変えられるので、その時々の気分に併せて座るソファを選んでいるそうです。
『足を伸ばして寝転がるのがCLOUD、あぐらをかいて、背もたれにもたれて座るのが、TODDです。家に帰ってまず座るのはTODDですが、テレビを見たり、お昼寝はCLOUDで。』(船越)

異なるソファを置くことで違和感はあまり感じなかったそう。むしろ、使い勝手はもちろん、見た目的にも2種類のソファを使い分けるスタイルは思った以上に快適と話してくれた船越。

パートナーと暮らし始める時に、暮らし方や好みが異なる人も多いはず。
お互いの好みのソファをそれぞれ置いて、お互いの良さに気づくのもまた楽しいかもしれませんね。

20181206_pr_05.jpg20181206_pr_06.jpg


一人暮らしとソファ -Kurose's Room-
20181206_pr_01.jpg
20181206_pr_10.jpg

一人暮らしにもおすすめなDAY SOFA COUCH
スタッフ黒瀬がマイルームに選んだのは、DAY SOFA 2P。一人暮らしでも、来客がある時に使ったり、横になって寛ぎたかったのでこのソファとサイズを選んだそう。全体の高さが60cmと低めに設定されたDAYS SOFAはワンルームサイズのお部屋においてもスッキリとみえること、一方でたっぷりとられた奥行きでゆったりと寛ぐことができるので、一人暮らしのお客様にも人気の高いソファです。
特に片側にアームのついているカウチタイプは、使い方の幅が広く、座るのはもちろん、ごろんとできたり、L字ソファとして組み合わせることもできます。『アーム部分を頭にして横になったり、アームのある隅っこに体を預けて座るのが最高のリラックスタイム。カウチタイプはL字として使うだけでなく、単体でも活躍してくれます。』(黒瀬)

オットマンにする?1Pにする?
最近、引っ越しをしてお部屋が広くなったので、オットマンを買い足すか、ひとり掛けのソファを買い足すかで悩みました、という黒瀬。以前からオットマンを追加しようと思っていたものの、ふと目にした1Pサイズのコンパクトなフォルムの可愛らしさに一目ぼれし、最終的に1Pサイズを選択したそうです。

そして、一目惚れした1Pに張っているのはフェイクレザー。『フェイクレザーは今年から仲間入りした生地なので、質感を体感したくて。実際、柔らかくとても気持ちがいいです。合皮のように汗がべたつかないのも魅力。』と、素材の良さを実感しています。『オットマンも便利だけど、背面がしっかりある1Pは体を預けて作業できるのがメリット。ソファで寛ぎながらパソコンをしたり、本を読んだりする時間も自分をチャージする大切な時間です。』(黒瀬)

現在はそれぞれのソファの生地の違いを楽しんでいますが、ゆくゆくは1Pと2Pを連結し、L字での使用も検討しているとか。新調したカーテンに合わせて、グレーかブルー系のカバーで模様替えを楽しみたいそうです。
20181206_pr_02.jpg20181206_pr_13.jpg

いかがでしたか?

忙しい日々の合間に過ごす大切なリラックスタイムだから、ソファ選びにはこだわりたいもの。
そして、そんなソファを選ぶ時間もまた、悩ましくも愉しい時間。
モモ ナチュラルのスタッフには、ご紹介した他にも実際にソファを使用しているスタッフがいます。
ソファ選びに悩まれたら、ぜひスタッフまでお気軽にご相談ください。

FABRIC FAIR - TIME for SOFA -
いよいよ明日12月7日よりモモ ナチュラル全店では"FABRIC SOFA"が始まります。
お部屋の印象を決めるファブリックアイテム。何かひとつでも変えたり、加えたりして、自分らしい1年の始まりを愉しんでいただけたら-。
みなさまの新しい暮らしの始まりを応援させていただくため、第一弾、第二弾に分けて連続でお届けするモモ ナチュラル初の試みとなるフェアとなります。
ぜひこの機会をご利用くださいませ。

期間: 2018/12/7(FRI)~12/25(TUE)
開催店舗:モモ ナチュラル 全店舗
フェア内容:
1. 対象とするソファご購入の方、配送料無料
2.ソファと同時購入替えカバー 50%OFF
詳しくはこちら

※第2弾は2018/12/28(FRI)~ TIME for CURTAINとしてスタートいたします

From MOMO
CATEGORIES | 家具

大阪店 | 家具

NORD SOFA~お部屋によっての使い方~
2018.12.15

NORD SOFA~お部屋によっての使い方~

アームレスのすっきりとした形と、背面の木枠が特徴のNORD SOFA(ノルド ソファ)。

大阪店 | 家具

2人暮らしのダイニングテーブル
2018.11.22

2人暮らしのダイニングテーブル

引っ越しを機に家具を新調したり、今の生活スタイルを変えたり... 新しい年の始まりに向けて...

豊洲店 | 家具

リネン100%のソファ生地-YLATA-
2018.11.18

リネン100%のソファ生地-YLATA-

しっかりとした厚みがある後染めのリネン生地、"YLATA(ユラタ)"。 生地の製...

最新記事

Archives

facebook twitter recruit
↑Page Top