Momo Natural STAFF BLOG

みなとみらい

パイン材でつくるダイニングコーディネート

2018年3月 8日
pinedining4.jpg

インテリアをコーディネートするとき、木材の種類もお部屋の雰囲気にインパクトを与える要素の一つです。
最近ではアルダー材やオーク材も人気がありますが、モモ ナチュラルがはじまって20年間共に歩んできたのはパイン材というマツ科の木材。日本と同じ四季のあるニュージーランドで育つラジアータパインのパイン材は、木目が美しく、また何よりもその優しい色合いが特徴です。

パイン材の家具に皆さんは、どんなイメージをお持ちでしょうか。
一般的にはカントリースタイルやイギリスやフランスなどをはじめとするヨーロッパのクラシカルなスタイルのイメージが強いパイン材の家具ですが、モモ ナチュラルのパイン材家具は、長い時間パイン材に向き合ってきたからこそ、様々なスタイルを愉しんでいただくことができます。
今回は、そんなパイン材とつくるコーディネートをそれぞれのダイニングテーブルと共にご紹介します。


ORDER PINE TABLE × 『木漏れ日につつまれるようなナチュラルスタイル』
pinedining1.jpg

お部屋の広さや使い勝手に合わせてサイズオーダーができるORDER PINE TABLEはパイン材の魅力を最大限に活かす無駄のないデザインが特徴。
やさしいパイン材の表情を活かし、節の無い部分を選んで製材しているので、カントリー感をおさえたナチュラルスタイルをつくることができます。
シンプルなデザインと白い木肌でどんな空間にも馴染みやすく、コーディネートするアイテムやカラーによって、ナチュラルスタイル以外にも北欧テイストやカントリー、コースタルなど様々なテイストが愉しめます。他の木に比べて水分量の多いパイン材だからこそ、みずみずしく、優しい表情のパイン材はお部屋全体をさわやかに明るくみせてくれます。

また、仕上げ(塗装)方法を選んで、自分らしさを表現できるのもモモ ナチュラルのパイン材ダイニングテーブルの大きな魅力のひとつ。仕上げ方によってもその表情は大きくかわります。

①モモ ナチュラルでは、お馴染みのオイル仕上げ-肌触りなど木材そのものの表情を感じることができます。メンテナンスがしやすいのもオイル塗装仕上げの嬉しいポイントです。
※メンテナンスについては過去のブログでもご紹介しております。ぜひご覧ください。ブログはこちら
②水や傷に強いウレタン塗装仕上げ-一般的には光沢のある質感の仕上げが多く見られますが、モモ ナチュラルでは木本来の風合いを残すために無光沢のウレタンを使用、コーティングも最小限の薄さにしています。水や傷に強いので、キッチンやダイニングでの使い勝手は抜群です。
③柔らかな木目を残すWHITE仕上げ。-木の風合いを最大限に感じてもらうために何度となく試作を繰り返し、見つけ出したうっすらと木目を残す世界でひとつの塗装方法。木材の状態に合わせて塗装する、熟練の職人技です。"白"という色の持つ明るく、清潔感のある印象を保ちつつも、木目を残し、ナチュラル感を出すことであたたかみを感じることができます。

パイン材の特徴がたくさんつまったORDER PINE TABLEでつくるお部屋は、まるで木漏れ日の中にいるよう。
やさしさとあたたかさに満ち溢れた、フレッシュなパワーが宿る空間です。

DRAWER DININNG TABLE × 『シンプルさの中にも懐かしさとクラシカルなエッセンスを』
pinedining3.jpg

シンプルなデザインの中に、イギリスやフランスの古き時代を思わせるクラシカルな印象がどこか感じられるDRAWER DINING TABLE。
丸みのあるフォルムは、パイン材の柔らかい肌触りを感じることができます。天板のエッジや引き出し、脚などこだわりの詰まったディテールのデザインは、どこか懐かしくて、あたたかい空間を演出。
また、脚が先に向かって細くなっていることで圧迫感のないすっきりとしたデザインも魅力です。NATURALとWHITE仕上げ、取手も14種類からお選びいただけます

MOSAIC TOP TABLE × 『透明感と光あふれるさわやかな空間』
pinedining2.jpg

ナチュラルな天板に白いタイルを貼りこんだシリーズは、販売当初より人気が高く、職人が1枚1枚、手作業でタイルを貼って仕上げているMOSAIC TOP TABLEは、国内自社工場があるからこそできるシリーズです。

パイン材のみずみずしさが、光沢のあるタイルとの相性の良さの秘密です。タイルは汚れや熱に強いため、ケトルやお鍋を直置きしても大丈夫。使い勝手もよく、安心して使うことができます。気になるタイルの目地も意外と簡単にメンテナンスできますので、ぜひ店頭でお尋ねください。透明感のある白いタイルがお部屋の光を反射して、清潔感のある光に包まれた空間が生まれます。


パイン材は経年変化も大きな魅力のひとつ。長い時間をかけて、美しい飴色に変化します。
使う人の暮らしや生活スタイルによって、その色づき方やスピードは様々。きっと、世界に一つの自分だけの家具になるはずです。

アルダー材やオーク材にも負けないパイン材のテーブルたち。
ぜひ実際に店頭で体感してみて下さい。

また、モモ ナチュラルでお取り扱いのあるそれぞれの木材やシリーズについては20周年サイトでもご紹介をしています。
是非合わせてご覧ください。
20TH アニバーサリー サイトはこちら


from okada
CATEGORIES | 家具

大阪店 | 家具

ぬくもりある家具が生まれる場所
2018.03.15

ぬくもりある家具が生まれる場所

モモナチュラルのダイニングテーブルは、岡山県久米郡とういう 緑豊かな場所にある自社工場で作られます。

TOKYO-BAY店 | 家具

モモ ナチュラルスタッフに聞く
2018.03.01

モモ ナチュラルスタッフに聞く"ダイニングサイズの選び方"

ダイニングテーブルを選ぶときに必ずチェックするポイント"サイズ"。 部屋のサイズ...

吉祥寺店 | 家具

意外と使い勝手を左右するダイニングの脚タイプ
2018.02.22

意外と使い勝手を左右するダイニングの脚タイプ

先週より始まったスタッフブログ"ダイニング特集"。2回目の今回は天板や脚のデザ...

最新記事

Archives

facebook twitter recruit
↑Page Top