パイン材
針葉樹/マツ科/ニュージーランド産/植林サイクル30年

パイン材は、モモ ナチュラルが一番最初から使っている木材で、まさにモモ ナチュラルの歴史そのもの。
木材の中でも柔らかいパイン材は、実は、古くから床材としても親しまれ、家の中では裸足の文化の日本では、硬い木よりも好まれてきました。なんとなく懐かしく、温かな気持ちになるのはそういう理由からでしょうか。

50種類以上あるパイン材の中で、モモ ナチュラルが選んだのはニュージーランド産のラジアータパイン。
何よりもその優しい色合いが魅力でした。このラジアータパインは30年サイクルで植林されていて、植林を破壊することなく、一本一本大切に植えられ、育てられた木です。
家具になるまでに30年という尊い時間をかけて育った木。
人々の暮らしの中で新たなる息吹を上げられる家具に育てることが私たちの使命だと思っています。

HOW WE GROW THE WOOD TO FURNITURE

日本と同じように四季があるニュージーランド。だから、アジア産のような木目の粗さはなく、等間隔に並んだきれいな木目に。また、温暖な気候から木の成長が早いため、柔らかく優しい木目を持っています。
木目に刻まれた木の成長の証は自然界に生きるものしかつくれない不規則なリズム。四季の移ろいや気候の変化はもちろん、成長過程で巻き込まれた樹皮やヤニスジ、まっすぐに伸びようとする木の意思までもしっかりと記録されています。
自然の揺らぎに安らぎを感じながら、そばにある木のストーリーを感じるのも一つの楽しみです。
木が家具に生まれかわってもその木が本来持つ個性を最大限に活かせるように、使う木材によって、その木、その家具にあった構造や工法を考え、取り入れていく。箱もの家具を作り続けてきた経験と自社生産工場があるからこそできる手間暇を。

CUTTING

木取り

木材を家具のサイズに合わせて裁断する工程。どうしたら無駄なく木を活用できるかを考えながら行う木取りの作業。
木目の判別はつくる家具、使う部分に合わせて一つ一つ目を凝らして行います。
特に引出しの前板は”家具の顔”。木目が繋がるように、初期工程から仕上がりを考え、きれいに見える木目の配置やバランスを加工段階で合わせます。
表情豊かに美しく整った木目を活かすために。

PROCESSING

加工

穴あけ、背彫り、装飾彫りなどを行い、裁断した部材をより家具の形に近づける加工作業。
機械での作業が多い工程ではありますが、加工した部材のチェックはすべて手作業での審査を入れながら行います。また、面取り作業では板の厚みや幅により細かい調整が必要になるので、熟練された職人の感覚が必要。微調整を繰り返しながら、完成度の高い部材を作り上げます。

SANDING

サンディング・研磨

肌触りの良い木材の性質を活かすためのサンディング。この工程で木目の表情や肌触りは大きく変わります。
角の丸みを出す作業(面取り)や平面の磨き作業は、必ず人の手でサンディングを。そうすることで、木に人の温もりが加わり、よりきめ細やかな肌触りのよい家具が生まれます。

FINISHING

塗装

表面を樹脂でコーティングをして、水や傷に強くするウレタン塗装仕上げ。一般的には光沢のある質感の仕上げが多く見られますが、モモ ナチュラルでは木本来の風合いを残すために無光沢のウレタンを使用、コーティングも最小限の薄さにしています。また、白い家具でも独自の塗装方法を開発。うっすらと木目の見える仕上がりはモモナチュラルならでは。木の色味や吸水率に合わせて塗装のノリは変わるので、人の目でチェックしながら作業を進めます。

ASSEMBLING

組立て

最終工程”組み立て”。数々の工程を経た部材が家具となり、生まれ変わる瞬間です。
引出しは一杯ごとに隙間のバランスを確認し、上下左右の隙間の幅が同じになるように調整をしながら家具に納めます。

INSPECTION

検品

そして最後に検品作業。
『隙間はどうか、木目の合わせはきれいか、傷やへこみはないか。』一点ずつ手で撫でながら全体のバランスから細かい部分まで丹念にチェックをしていきます。

愛おしいものを撫でるように目で見て、手でさわって。

こうした工程を経て、木々は新たな息吹を吹き込まれた家具となり、 この場所から旅立っていくのです。

MOMO NATURAL FAVORITE

共に過ごした時間

パイン材の大きな特徴は経年変化。
生活の灯りや陽の光を浴びるごとに木肌は少しずつに飴色に変わっていきます。
それはパインの木に多く含まれる樹脂が長い時間とともに木の細胞に染みこんでいくから。

長く使い込むことにより、木が表情を変え、自分だけの家具になる。
置く場所や使い方などによって、その味わいの出かたもそれぞれ。
使う人の時間に寄り添って、長く生活を共に過ごしながら、その時折の表情や味を楽しんでもらえるのが魅力です。

nav